==================================================================================
「情報処理学会アドバンスト・データベース・シンポジウム 2000」
「ACM SIGMOD 日本支部 第16回大会」
「日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業『マルチメディア・コンテンツの
  高次処理の研究』プロジェクト・シンポジウム」

                 データベースとWeb情報システムに関する
            IPSJ DBS/ACM SIGMOD Japan Chapter/JSPS-RFTF AMCP
                      合同シンポジウム(DBWeb2000)
==================================================================================

本合同シンポジウムは,「情報処理学会アドバンスト・データベース・シンポ
ジウム 2000」「ACM SIGMOD 日本支部 第16回大会」「日本学術振興会未来開
拓学術研究推進事業『マルチメディア・コンテンツの高次処理の研究』プロジェ
クト・シンポジウム」を合同で開催することにより,データベース技術・コン
テンツ管理技術の高度応用について総括し,今後のメディア・インフラストラ
クチャの方向性について議論することを目的とするものです.

一般論文の投稿形式は,Extended Abstract(和文:6,000字,英文:1,600語程
度)であり,情報処理学会論文誌:データベース (TOD10号: Web情報システム
特集号)へ同時投稿することも可能です.奮ってご投稿いただきますようお願
い申し上げます.

なお,投稿手順・プログラム等の詳細については,情報処理学会データベース
システム研究会ホームページ(http://www.mdbl.sfc.keio.ac.jp/IPSJ-DBS/)で
ご案内する予定です.

投稿手順
追加情報
TOD同時投稿

主催:

  ・情報処理学会DBS研究会,
  ・ACM SIGMOD 日本支部
  ・日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「マルチメディア・コンテンツ
    の高次処理の研究」プロジェクト

協賛:
  電子情報通信学会データ工学研究専門委員会

開催日時:

  平成12年12月6日(水),7日(木),8日(金)

開催場所:
  東京都港区台場
	(株)フジテレビジョン1F マルチシアター
	ホテル日航東京 会議室アポロン

シンポジウム・メインテーマ:
  ・先進データベース技術(ASP,IDC, 主記憶DB技術,ストーレジコンソリデー
    ションデータマイニング,Webマイニングなど)
  ・空間メディアとWeb情報技術(サイバースペース,時空間DB,Web3Dなど)
  ・モバイル環境とWeb情報技術(モバイルDB,ネットワークとDBなど)
  ・放送とWeb情報技術(デジタル放送,Webキャスティングなど)
  ・デジタルアート(ビデオ映像制作,デジタルアーカイブなど)

シンポジウム委員長:
  清木康     (慶應大)
  喜連川優  (東大)
  西尾章治郎(阪大)

シンポジウム・プログラム委員:
  有川正俊  (東大)     大森匡    (電通大)  角谷和俊   (神戸大) 
  田中克己   (神戸大)   塚本昌彦  (阪大)   遠山元道  (慶應大)
  中野美由紀 (東大)

-----------------------------------------------------------------------------
一般論文募集:

○募集テーマ
・Web情報システム(Webデータベース, Web情報検索,Webデータマイニングなど)
・XMLデータの蓄積・検索・共有
・モバイル環境でのWeb情報配信・検索
・モバイルマルチメディアコンテンツの作成・蓄積・検索・配信
・Webキャスティングとデジタル放送
・Webにおける3次元仮想空間の構築と活用(Web3D関連技術,Web上の時空間DB活用など)
・デジタル放送・モバイル環境におけるマルチメディアコンテンツ
  (Web用デジタルアートやコンテンツアーカイブ)

 ○スケジュール
 論文応募締切 2000年10月 6日(金)
 採否通知     2000年10月20日(金)
 最終論文提出 2000年11月 3日(金)

 ○応募方法
(1)応募論文は和文,または英文とし,Extended Abstract(図表・参考文
献を含む)に,題名,著者名,所属,連絡先(住所,FAX,e-mail)を添えて
提出する.論文長は,ワープロA4版で4〜8頁程度(和文:6,000字,英文:
1,600語を目安)とする.TOD特集(下記参照)に同時投稿する場合は,論文の第
1ページに「TOD投稿」と明記してください.

(2)応募論文は,情報処理学会データベースシステム研究会が査読し,採否
を決定する.採録された場合,最終論文は,論文刷り上がり10頁(和文:約
19,000字,英文:約5,000語)を上限とし,会議録に収録されるとともに,シ
ンポジウムで口頭発表する.

(3)応募論文の投稿先については,情報処理学会データベースシステム研究
会ホームページでご案内する予定です.


 ◇ 情報処理学会論文誌:データベース(TOD)との連携

シンポジウムへの投稿時に,情報処理学会論文誌:データベース (TOD10号:
Web情報システム特集号)へ同時投稿(Extended Abstractで投稿可能)した場合,
シンポジウムに採録された論文については,適切かつ親切なコメントがなされ
る予定です.このコメントを基に12月20日締切のTOD10号に最終投稿 (Full
Paperで投稿)することが可能です.詳細については,情報処理学会データベー
スシステム研究会ホームページ(http://www.mdbl.sfc.keio.ac.jp/IPSJ-DBS/)
でご案内する予定です.
-----------------------------------------------------------------------------

[back]