異メディアアーカイブの横断的検索・統合ソフトウェア開発

意味的・感性的連想サーチエンジンの実現に関する研究

[Japanese]/[English]

研究の概要

意味的・感性的連想サーチエンジンの実現に関する研究では,慶應義塾大学清木研究室を中心として,平成18年度は次の3テーマについて新たな提案を行った.

1については,感性画像データベースの実現に関する研究であり,基礎的研究である.2は,感性音楽データベースの実現に関する研究であり,応用・実践的研究である.3は感性マルチメディアデータベースの実現に関する研究であり,応用・実践的研究である.

Demonstrations

Media Search and Automatic Metadata Generation according to Historical and Cultural Semantics

Course Wares Using Semantic Associative Search Engines

[これまでのシンポジウム発表]

Previous Demonstrations

意味的・感性的連想サーチエンジンの応用による小学校音楽教育コースウェア

意味的・感性的連想サーチエンジンの応用による大学・大学院研究・教育コースウェア

文化・時代背景対応意味的・感性的連想サーチエンジンの実現

Related Resources